日本では、昔からの伝統行事があり、毎年行うことで、その年を幸せに生きることができるようにとお子0名われてきました、ひな祭りや端午の節句などがありますが、その時には、それらを儀式的に行うことで、子供たちの無事な成長や人生が幸せになるようにということで、今まで行われてきました。3月3日のひな祭りというように、慣用句のようになっています。女の子の場合には、とても楽しみなお祭りで、きれいでかわいい雛人形を飾り、家族でお祝いして、女の子の将来が幸せになるように願うという行事になっています。もともと昔は、子供が早く亡くなるということが多かったということで、端午の節句もひな祭りも、今まで生きてこれたということを感謝すると同時に、これからも健康で生きることができるようにということもあり、長い歴史を繰り返されてきたということになります。今の時代も続けるべき伝統です。

ひな祭りの役割と雛人形

今の時代では、ひな祭りなどのイベントは、行いやすい時代でもあります。インターネットで、基本的な知識も簡単にわかりますし、何よりもインターネット通販で、雛人形も安価に購入できるということがあります。人形というものは、人の形代ということで、不幸などの災厄を代わりに負ってくれるという役目もあります。昔の陰陽師でも、式神を使うという方法がありました。人の形にした人形や紙を使って、悪霊を祓ったという話です。人形には、その力があるということで、活用されてきましたが、その方法のひとつがひな祭りや端午の節句などです。子供の幸福を願うのは、親としては当然のことですが、それが形になると、意識も強化されて、注意もしますので、子供には、より安全な環境になるということも、あったのではないかと考えられます。その意味からも、雛人形の価格ではなく行事として体験するということが必要なのかもしれません。

雛人形とインターネット

ひな祭りの行事では、雛人形を飾るということですが、女の子には人気のある行事でもあります。昔は伝統のある豊かな家庭などで、毎年その人形を飾るということが一般的でしたが、最近は、インターネットの普及で、雛人形の価格も安いものもあります。ひな祭りは、気持ちの問題で、子供が元気に育つようにという親の心が大切になります。高価な雛人形だから、幸せになるということであれば、価格も問題になりますが、親の愛情ということでは、価格の安い商品でも、何ら問題はありません。むしろ、親の愛情がこもっていれば、お手製の人形でも、子供たちの記憶に残ります。まして、今ではインターネットで簡単に購入できるのですから、できるだけのところで、お祝いをするということが大切です。愛情の記念のイベントということになります。人形は、とくに幼い子供には魅力があります。その意味からも、ひな祭りを祝うということは、家族の絆を深めることになります。