女の子の節句、桃の節句と呼ばれる祭事の1つで、起源は古代中国の上巳節であり、上巳とは3月上旬の事を意味します。平安時代に日本へと伝わり、その当時の宮中や貴族たちの間で行われていた雛遊びが結びつきました。現代のように人形を飾る風習が現れたのは江戸時代に入ってからで、段を組み、豪華な装飾を施すようになります。桃の花、あられ、白酒、菱餅などを供えると同時に、節句の料理も振る舞われます。ちらし寿司と蛤の吸い物が一般的であり、寿司のレンコンやエビは縁起物とされています。蛤は古来から女性の美徳と貞節の象徴でもありました。雛人形を飾る時に雨水があると良縁に恵まれるとされますが、片付けるのが遅れると行き遅れになると言うのは言い伝えではなく、近年になって言われるようになった物です。地域によって風習も言い伝えも違うので、地域の年配者に聞く事で理解が深まります。

飾る場所に合わせて雛人形の購入

女の赤ちゃんが誕生したら、初節句のお祝いをする必要がありますから、雛人形をいただいたりすると言えます。その場合には大抵、おじいちゃんやおばあちゃんにあたる方が買ってくださると言えるでしょう。そういう立場の方々ですから、嬉しさのあまり、すごく大きな立派の物を用意しようとされると考えられます。同居していて同じ家なら、大きさも把握できるでしょうし、置き場所もちゃんと確保されていると言えますが、最近は核家族化が増えていますから、若夫婦だけですまれていることも多く、アパートやマンション住まいという事も、少なくありません。そういう場合などには、買ってくださる方々と、事前にしっかり相談をしておかないと、部屋に対して大きすぎたり、飾る場所がないという事態が起きると考えられます。飾る場所に合わせて、何段飾りの雛人形を購入するか検討されると良いと言えます。

雛人形が持っている源流

国民の多くが知っているように、我々が住んでいる国では3月3日になると雛人形を飾るという風習があります。3月3日は桃の節句でもあり、女の子を祝う日だとされていて、雛あられ、ケーキなどを食べる事があります。話は変わりますが、雛人形には源流が存在していて、厄を祓うために使われた人形がルーツであるという説、人形遊びがルーツであるという説があります。厄除けのために使われたというのは大昔であり、当時3月3日になると草などで作った人形を川に流すことで、災いを取り除いていたと言われています。また、人形遊びがルーツであるという説では、貴族と天皇が実権を握っていた時代に、貴族の子どもたちの間では人形遊びが行われていたとされています。時代を経ると、人形は飾るためのものへと変貌していき、近世になると人形を見せ合ったり、人形に景色の様子を見せたりするケースも出てくるようになりました。